愛人契約

愛人っていうと、いわゆるお金持ちの男性が作るものというイメージがありますよね。
でも私のパパは、お小遣いの少ない普通のサラリーマンのおじさんです。
愛人というよりもセフレって感じですけど、一応ちゃんと愛人契約をしているので、愛人と言っていいんだと思います(笑)。
パパとは出会い系サイトで知り合いました。
そのとき私は終電を逃し、漫画喫茶もいっぱいで行くところがなく、今すぐ会ってくれる人とサイトに書き込んだんです。
パパはそれに返事をくれた人でした。
最初は割り切り目的で、すぐにホテルに行ってセックスしました。
お互いに欲求不満だったことや、体の相性がいいこともあって、次も会おうねと約束をしました。
いつ連絡が来るかと待っていたら、なんと一月も後になってのことでした。
愛人契約をして月30万円の愛人生活で人生が変わりました
会ってすぐにまたホテルに行って、朝まで3回戦もやっちゃいました。
彼と一緒にうとうとしながら、どうしてすぐに連絡くれなかったのと責めたら、彼もすぐに会いたいと思っていたそうなんですが、お小遣いが少なくてホテル代と私へのお小遣いが捻出できなくて、一月待っていたそう。
申し訳なさそうに言うその姿が、なんだか可哀想になってしまいました(笑)。
でも本当は、私がその一月の間にどこの男に抱かれているんだろうと嫉妬で狂いそうだったんですって。
それを聞いたら、なんだか同情と愛情が入り混じったような不思議な気分になりました。
そこで私は彼と愛人契約を結んで、彼以外の男性と寝ない約束をしてあげました。
お手当ては少ないし、月に1回しか会えないけど、まあ体の相性もいいし、そういう愛人関係もあっていいかなって。
実際のところは、彼に隠れて、出会い系サイトで遊んでるんですけどね・・・(笑)。
スポンサー
契約成立

愛人契約

愛人掲示板の初心者でもある私が、まさか、こんな素敵な男性と愛人契約ができるだなんて、思ってもみなかった。
当時、彼氏がいなくて、だからといって、彼氏がほしいとも思わなかった私。
だけど、異性と交流をしてみることには興味があったもんだから、愛人募集している人たちが集まっている愛人掲示板をのぞいたんだっけかな(笑)
そこで、ネットサーフィンなる愛人掲示板サーフィンをしていると、お!と感じた男性を見つけたのだ。
(それが今現在も愛人契約を締結しているCなのだが)
その男性の、「こんにちは。妻とも別れ、子どもには養育費を払い続けなくてはなりません(笑)再婚はしない予定ですし、また恋愛をしたいとも思いませんが、ワリキリに近い形で愛人契約をしていただける女性はいませんか?」という書き込みを見て、すぐに返信をしてみた私。
すると、彼からの返信も早く、会うまでにそんなに時間はかからなかった。
愛人の契約
実際に彼と会ってみると、紳士という印象。
まあ、一度結婚をして、離婚をして、今は養育費やら慰謝料やらで大変だろうから、うかつなことはしないしできない!という意味での自主規制かな?とも思えたけれど(笑)
それはともかくとして。
話してみると、気さくで話しやすかった!
結婚や離婚からして、経験が豊富そうだから、面白そうだしね!!
まあ、子どもへの養育費を支払い終わるまでは、この関係が続くだろうことは何となくわかる。
それ以降はどうなるんだろう、と最近思う(笑)